ナイトズーin天王寺動物園

どうも、加賀山です。いつもブログを読んで頂きありがとうございます。

今回は天王寺動物園でナイトズーを見た感想を動物の身体の使い方も交えながらお話していこうと思います。

と、その前にまずは腹ごしらえから笑

天王寺に用事があったのでミシュランガイドにも掲載された事もある「たこ焼き やまちゃん」     にてたこ焼きを頂く事に。

今回は初めてなので1番シンプルなプレーンを頼んでみましたが、外はカリカリ、中はトロトロでフンワリとやはり美味い😋

そこから腹ごなしを兼ねて西成区にあるディープなお鍋屋さん「なべや」」さんへ

天王寺駅周辺から20分程で行けますが、10分ほど歩くと街の雰囲氣がガラリと変わります。

高層ビルが立ち並び様々なショッピングモールがあるひしめき合う天王寺駅周辺

ディープな雰囲氣が色濃く残り日本の古き良き時代を思い出させてくれる西成区周辺

僕らが着いた時にはもう行列が( ゚д゚)まだ夕方の5時半ですが一応電話予約をしといてよかったよかった笑

古き良き時代を思い出させてくれる店内、メニューの内容から芸人のサインまでコレまた雰囲氣がありすぎてます!

中身むき出しのガスコンロ、年季の入り方にただひたすらに圧倒されました!

僕は牛鍋を頼みましたがこのボリュームで730円と安すぎます‼️

牡蠣鍋もコレだけのボリュームで1300円くらいあまりのコスパの良さにビックリです^_^

クジラのベーコンやドリンク、シメのうどん全て込みで3150円!

味はもちろん申し分なし、コスパの良さも素晴らしいのでまたちょくちょくお世話になろうと思います^ ^

そこからまた天王寺の方に向かい動物園のナイトズーへ

動物園に行くのは約30年ぶりくらいでしょうか、生のカバやサイの迫力に大感動です!

通天閣をバックに撮影してみました。

レプリカでしょうがサイの骨格の標本。当たり前過ぎますがこんなもん相手にどう逆立ちしても勝てそうにありません笑

そこからシマウマやキリンを経て、ライオンのゾーンに

人間がワーワー騒ぎ立てても微動だにせず。威風堂々という言葉がコレだけ似合う動物も珍しい

と思ったらいきなりハッスルタイム❣️人間社会で大勢の前でやったら完全アウトですが、「本能のままに生きる」ってこういう事なのかなぁとふと考えさせられました。

そこからトラやジャガーを見物しましたが、やはり背骨の使い方が秀逸過ぎます。

「身体能力を飛躍させる背骨の力」を飛躍させる背骨の力でも書きましたが背中の動きの滑らかさを人間のソレと比較したら一目瞭然です。

翌日、ジャガーの背中の動きを参考に出来るだけ背骨を柔らかく感じながらランニングをしていると、右半身、仙骨や股関節に体重をかけ過ぎている事に氣付きました。

また出来るだけ仙骨への負担をかけないように意識する事で「肘が軽くなる」という新しい感覚が芽生えました!さらにこの肘の感覚で施術をすると相手からの手ごたえがまた一段階変わるという嬉しい発見まで😊

と身体の動きや感覚に関して言えば動物から学べる事は多過ぎました!

多分何度見ても新しい発見があるはずなのでちょくちょく観に行こうと思います。

まぁ小難しいコト抜きにしても入場料500円と入りやすい上にかわいい動物とのふれあい広場やグッズもたくさんあるので興味が湧いた人は昼夜問わず行かれるのをオススメします^_^

 

最後はあべのハルカスをバックにしたイルミネーションにて

如何でしたでしょうか、洗練された都会的な雰囲氣から人情味溢れる古き良き日本を髣髴させる街並みまで、コレだけ色んな顔を持つ天王寺周辺はまだまだ発掘のしがいがありすぎです笑

それでは今日はこの辺で、最後まで読んで頂きありがとうございました。