互いに進化する個人セッション

どうも、加賀山です。いつもブログを読んで頂きありがとうございます。

今回もセッション体験記ということで、セッションの内容についてシェアさせていただきます。

最早ご自身の身体の痛みや辛さという段階からは卒業されて「身体の使い方や触り方を学びたい」と要求される内容が変化されてしまい

僕が一方的に何かを伝えるのではなく、僕自身の課題や学んだ事をアウトプットしながらも「より良い方法や新しい視点はないか」という研究会に進化してしまいました。

なのでDTC」で学んだ当該仙骨療法に必要な一時呼吸の説明やよりわかりやすく一時呼吸を感じ取って頂く為の身体の使い方や姿勢の確認などをジックリとお伝えさせてもらいました。

当たり前過ぎる事ですが最初は一時呼吸を感じてもらっても「わかりません」でしたが

肘を軽く使う身体の使い方や全身の繋がりを感じながらの検証など様々なワークをしていくと

2時間後には「感じ方が全然違います」とありがたい事に見事一時呼吸を感じてもらえる様になりました。

その道のプロでさえ一時呼吸を感じ取れない人がいるのに開始2時間でそこら辺のプロ顔負けの感覚を身につけて頂き何とも嬉しい限りです^_^

そこからはお遊びの要素も踏まえて腕相撲や意識がもたらす身体への影響、更に僕自身のオリジナル技の検証に至るまで

最早両腕を使っても勝てません( ;´Д`)

今更ながら身体が軽く柔らかな方が強いのは知っていましたが、

一度全身を緩めて更に感覚を高めると腕相撲の様なパワー勝負でも楽に相手を往なせる様になるのは自分自身びっくりしました笑

とまぁこんな感じで今回も僕自身が楽しみながら互いに進化させて頂きました。

相手のパワーを軽く往なせる様になるにははまだまだ稽古や検証が必要ですが笑

更に新しい発見が見つかれば追ってシェアしていくので楽しみにしていて下さい!

それでは今日はこの辺で、最後まで読んで頂きありがとうございました。