”自分を知る”から見えてくる生き方 暗闇からの脱出

すどうも加賀山です。いつもブログを読んで頂きありがとうございます。

今回は京都にて「”自分を知る”から見えてくる生き方 」というイベントに参加させて頂きました。

今回のイベントを開催されたソシエテ・リベルテ さんのHPからイベントの詳細を引用しますと

「〝自分を知る〟ことは、自由への旅路。自由に生きるためのヒントを、ゲストと一緒に探求していきます。

各回には、兵庫県丹波地域に縁ある方々にお越しいただきます。次世代を見据えて、
〝自分を知る〟ことを大切に生活している皆さんです。何故今の生活を選んだかを伺いながら、自分の生き方をみつめていきましょう。

” 自分を知る” から見えてくる生き方、一緒に探しにいきませんか?。」

という内容で各回ゲストを招いて

「自分を知る」という

そして何とも有り難過ぎる事に第3回目のゲストとして出演させて頂く事になりました^_^

というワケで内容そのものにも興味があったんですが、実際どんな感じでイベントをやるんだろう?

という事もあり今回は参加者として伺ってみたんですね。

会場は京都

なかなか趣きのある建物を通りながら、

会場に到着!写真は撮り忘れましたが1階には美味しそうなお店がいっぱいありましたのでカツサンドとタマゴサンドで腹ごしらえをしてから会場へ

会場に到着、今回のゲストはインドから帰国後丹波でヨガ教室を開いておられる渡辺顕さん。

そしてイベントの進行役であり各種セラピーや潜在意識に精通しておられるめーひさんのお2人を中心にイベントは進行していきます。

まずはめーひさんによる潜在意識のワークを通じて自分の中に見えたキーワードを顕在化していきます。

僕の中に見えたキーワードは

「知らんがな!好きにせい。」でした笑

このキーワードが見えた時の感情や心境の変化を参加者全員でシェアしつつ、色々な意見を頂きながら新しい氣付きを得たり深掘りをしていきます。

他の人の課題や氣付きから自分自身への課題や問題がよりクリアになりお話を聞くだけでもめちゃくちゃ有意義な時間でした^_^

次は渡辺顕さんの呼吸法

凄く印象的だったのは難しい呼吸の仕方ではなく「お風呂や布団に入った時の呼吸のイメージをして下さい。」というモノでした。

このお風呂や布団に入った時のようなリラックスした時の呼吸こそが変に身構えず自分で自分を受け入れられている状態みたいです。

ヨガでも頑張って無茶なポーズをとるのではなく呼吸を大事にする事でポーズがなじんできたり呼吸がゆっくりな人にネコや人は引き寄せられるみたいです。

実際この呼吸になるように誘導してもらうとあまりの氣持ち良さにすぐに寝てしまいました笑

この呼吸状態は施術やセッションをしてる時の呼吸とそっくりだったのでまたこんなトコでも自分のやってる事と繋がるなあと勉強になりました!

また集合意識の話や比較の話や価値観の話、身体と氣嫌の話など僕にとって大好物の話を経ながら人生の暗闇へのアプローチ法など非常に興味深い内容でした。

渡部さん自身、東日本大震災を経てインドに行く事で今まで執着していた物を手放す事が出来たみたいです。

一見安定した地位や生活を手放すのは暗闇にバンジージャンプするくらい怖い事だと思いますが

渡部さんや他の皆の方々の生き方を聞いていると暗闇も天国も自分の在り方一つで変わるのかもしれないですね( ̄▽ ̄)

以上一回目のイベントはコレにて終了!

正直最初は現場の感覚を掴みたいという氣持ちの方が強かったかもしれませんが、実際参加してみて僕自身自分のわからない部分や

そこに対する今後の課題が浮き彫りになりめちゃくちゃ勉強になりました。

今回初めてお会いした方が殆どでしたが、今の僕では想像できない様な生活や世界を知っておられる方ばかりで如何に自分が狭い世界で囚われているかを実感する事ができました。

最後にめーひさんからお土産として参加者一人一人に今必要な言葉をプレゼントしてもらいました。

僕がもらった言葉は「『しなくてはならない』を手放していこう。」

なかなか今の価値観や囚われを手放す事は難しいですが、更なる飛躍を目指してもっともっと自分の囚われを手放して行こうと思います、

ゲストのけんさん、進行役のめーひさん、そして参加者された皆様ありがとうございました^_^

今回得られた事を踏まえて第3回目のイベントも素敵なモノにしていきますので、興味を持たれた方は是非お越しくださいませ!

そしてイベントだけでなく日常でももっと好きにやろうと思います笑

そうしていく事が更なる自分の進化になる事を信じながらね!

それでは今日はこの辺で、最後まで読んで頂きありがとうございました。