触れるケア 体験&実践会

てどうも加賀山です。今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

今回は友人の中西淳さんが主催される「触れるケア 実践会」という勉強会に参加させて頂きましたので学んだ事を自分なりにまとめてみました。

今回の講師はタクティールケアをスウェーデンで学んでこられた佐藤真由美さん

タクティールケアについて株式会社スウェーデン福祉研究さんのホームページから引用すると

「タクティール®ケアは、スウェーデン発祥のタッチケアです。

1960年代、未熟児ケアを担当していた看護師によって始まりました。看護師はその手を用いて、母親が幼い我が子を慈しむように乳児の小さな体を母親に代わって毎日優しく触れました。

その結果、体温は安定し、体重の増加がみられたのです。看護師は触れることの有効性を確信し、経験に基づいてタクティールメソードを作りました。」

以上ココまで

触るについては人生をかけて探求する僕としては興味がありすぎます笑

まずは幸せホルモンと呼ばれるセロトニンと絆ホルモンと言われるオキシトシン

セロトニンとはめちゃくちゃザックリ言うと気分を上げてくれる化学物質で、どんなことがおきても気分のバランスを保つように助けてくれるもので、運動や日光を浴びる、マッサージを受ける、瞑想をする事で身体から分泌されます。

オキシトシンも身体から分泌されますが主な効果としてストレスの緩和、不安の減少、他人への信頼感や社会的な活動への意欲が増す。記憶力や学習意欲の向上、心配機能の向上や感染症予防につながるなど

とてもいい事づくめです!

そして何より嬉しい事に触る事で触る側と触られる側、お互いのセロトニンとオキシトシンの分泌量が増大します。

触るケアを職場で取り入れる事で離職率が低くなるというお話を聞いた時にはやはり触るって大事だと改めて勉強になりました。

とはいえ触るって奥が深すぎて下手すると相手にオキシトシンどころかストレスを与えてしまいがちです。

「じゃあどうすればいいんだよ?」といいたくなりますが笑

具体的には指で触るとこそばゆく感じるため掌で相手の身体に密着させる必要があります。

また早いスピードでガサガサと触ると文字通り神経を「逆なで」してしまう為動かす時はゆっくりと行う必要があります。

動かす必要がない場合はただ手を当てるだけでもオーケーです。

文字通り「手当て」と昔の人はいい事を言いますね^_^

他にも脳の役割と接する方向を応用した触るテクニックを学びました。

脳は右脳と左脳に分かれていて右脳は感情と左半身の大半、左脳は理屈を司り右半身の大半を司ります。

なので相手の感情に訴え対場合は相手の左側から話すことで感情を揺さぶり

約束をする場合や論理で説得する場合は相手の右側から話す事で理論的に説得出来る可能性が高まります。

認知症と言われる方でもその場の出来事は忘れても感情や昔の記憶など古い部分はしっかりと働いています。

五感の中で聴覚は最後まで残ると言われています。「身動き取れない状態から普通の生活に無事戻れた方が、当時周りで何を言われていたかハッキリと聞いて覚えていた」という話を思い出しました。

そして個人的に1番勉強になったのが施術の触り終わりや看取りのお話です。

施術が終わった後パッと手を離すと触られた相手は孤独感を感じるからフィニッシュはゆっくりと行うという事を教えて頂いた時はまだまだ意識が薄かったのでハッとさせられました。

コレは人間が最期を迎える看取りの時も同じ事がいえます。

人は生きてる時は人を人として扱いますが死んだら途端にモノ扱いしてしまいがちな上に死体は怖いというイメージを持ちがちです。

死ぬ時は1人で旅立ちますが、だからこそ最期の最期まで身内が声をかけて触る必要がある。たとえ死の瞬間に間に合わなくとも触る事で相手も癒されるという話は完全に盲点でした。

なので死人を生き返らせる事は出来ませんが、今後家族や親しい方の死の間際に立ち会う際は最期の最期まで声をかけて触らせて頂こうと改めて強くちかいました。

また触る方が相手に意識をきちんと向けているか?

コレは触るだけでなくありとあらゆる人間関係に通じる話ですので改めて相手に意識を向ける事の重要性を勉強させて頂きました。

深呼吸で脳を騙す。

鼻からゆっくり10秒吸って20かけてゆっくり吐くを3セット、コレを行う間に

理想は寝ながら鼻から吸って口から吐くみたいですが上の方法でも良いとの事です^_^

その呼吸を行う事で脳に理想的な状態をイメージづける事で脳がいい意味で騙されるみたいです。

佐藤さんが言うにはタクティールケアは心に焦点を当てているみたいです。

思うに呼吸で瞑想状態を作り出す事により潜在意識にアクセスしながらイメージを植え付けやすくしているのかなぁと、

僕も最近は身体と同じくらい心のケアや使い方に興味がむいてきたのですが、やはり入り口は違えど突き詰めていくと本質は一緒なのかもしれません。

体験会後は佐藤さんからスウェーデンの介護事情を始め色んなお話を聞かせて頂きました。

印象に残った話として佐藤さんが研修を受けられた施設では万が一の際ドクターがいない場合は看護師の上に薬の処方も出来る資格職があったみたいです。

日本は医師を頂点に他の資格が医師の指示を仰いでの仕事になります。

もちろん医師になるにはとんでもなく難しい事ですし医学部に入るか医療系の学科に入るかという敷居の高さでは他の医療資格のは格が違いすぎると思います。

ただ資格の難しさで差はあれどなった後にしっかり学ぶ事で多少なりとも出来る事や仕事の権限が増えるという環境を整えてもらえたらいいのになと個人的には思いました。

佐藤さん、中西さん、参加された皆様、本当にありがとうございます。早速学んだ事を今日から生活に活かしていこうと思います。

その過程の中でまた氣付きがあれば追ってシェアさせて頂きますので楽しみにしていてください^_^

それでは今日はこの辺で、最後まで読んで頂きありがとうございました。