関わることで重さが消える 浸透する力(日常生活への応用)

どうも加賀山です。今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

今回も前回に引き続き「浸透する力」という内容でお話しを進めていこうと思います。前回の内容はコチラ

身体の点を相手に合わせていくと身体の重さが消えてくる。

今回は稽古前に質問タイムがあったので、思い切って僕の苦手な「相手に意識を届ける」について聞いてみました。

その時に教えてもらったのが、身体の色んな部分が相手に向かっているかどうかというコトでした。

わかりやすいエクササイズとして下の写真の様な形で相手と向かい合いながらお互いに肘を前に出します。

 

この時、相手と肘の意識が合えば不思議と肘が軽くなるし、相手に肘を押されても何故か相手の方が動かされます。

今回は肘がメインでしたが、肘だけでなく頭、肩、肘、肋骨、腰骨、膝、足首と意識出来る点が多くなる事で相手に意識を向けたり届けられる様になるみたいです。

ただしほんの少しでも肘がピクッと動くと
肘の意識が相手から自分に向くのでめちゃくちゃ集中する必要があるし、

僕自身、「え、動いた⁉」というくらい微細な感覚なのでひたすら練習あるのみですね。

と、稽古前に教えてもらった事を踏まえて浸透する力を養う為の稽古を行いました。

自分の中心に感覚を収める

壁に背中を付けてその場で足踏みをします。

この時、何氣なく足踏みをしていると身体が左右にグラつきます。この時大切なのが、身体がグラつかないように必死に身体の中心に感覚をあつめながら足踏みを行なっていきます。

すると横ぶれのエネルギーがキレイに進行方向に伝わる様になりグラつきが少なくなっていきます。

そんな練習をしてると人を背負ってもあまり重さを感じずに足踏みとかもできるようになりました。

日常生活への応用(立つ時や歩く時)

胸骨(胸の骨)と背骨①や恥骨(骨盤の前)と仙骨(骨盤の後ろ)②をさわり、①や②が自分の中心に収まると不思議と足が軽くなります。

この両側から挟み込むことで自分の中心を見つける稽古は胴体だけでなく身体の色んな場所で出来るみたいなので色々遊んで見ようと思います笑。

日常生活への応用(重いものを持ち上げる)

普通に持ち上げたら身体の至る所に重みを感じるし、下手したら身体を痛めてしまいます。

僕自身今までは重いモノを持ち上げるとなると必死でした笑

重いモノを持ち上げる時も自分が持ち上げようとするのではなく、対象物に自分をあわせていくとすんなり上がります。

この原理はモノだけでなく人に対しても同じ様に働くので試しに持ち上げてみたところ

 

自分と同じ体重の人を片手で持ち上げたのは人生初の経験です^_^

女性の方も自分より重い男性を持ち上げていたので改めて身体の凄さを感じざるを得ませんでした!

片手で同じ体重の人も持ち上げる事が出来ました。

もちろん持ち上げられている方も持ち上げる側と関わる意識があっての事ですが、改めて身体って凄いなと感動せずにはいられませんでした!

日常生活への応用(座っている人を持ち上げる)

ただ持ち上げるのと相手に自分の身体を合わせながら持ち上げるのでは持ち上げる負担が全然違います。

また、以前寝ている人を起こす際には、相手がこちらを全く考えていなければ非常に起こす事が難しくなりますが

「起こしますよ」と相手に一言かけたり、起こしたい方向や寝転がしたりしたい方向に床を撫でた後に相手を起こすと不思議なくらいに相手を動かすのが楽になります。

この辺の話は介護にめちゃくちゃ役立ちますので是非参考にしてみてください。

とまぁこんな感じで今回もめちゃくちゃ勉強になりました^_^

これからも研鑽を積んで行く中でわかった事は随時報告していきます。なので楽しみにしていて下さいね!

それでは今日はこの辺で、

最後まで読んで頂きありがとうございました。