2018クリスマス高雄旅行

どうも加賀山です。いつもブログを読んで頂きありがとうございます。

今回はクリスマスに台湾第2の都市、高雄に2泊3日で行ってきました。

ちなみに去年のこの時期は台北〜九份〜什份に行っておりました( ̄▽ ̄)

まずは出発前に関西国際空港内をブラブラと

 

「モスドって何やねん?」と思って見てみたらまさかそのまんまだったとは((((;゚Д゚)))))))

モスバーガーとミスタードーナツのコラボ店がありました笑

という間に高雄空港に到着

空港内からいちいちポップでキュートです^_^

電車やバスの移動は下のカードにお金をチャージして行います。

空港から地下鉄が繋がっているし、今回の旅でも使ったのはこの赤い路線(以下レッドライン)とオレンジの路線(以下オレンジライン)だけだったのでそのままレッドラインを使って高雄駅に移動すると

マクドに吉野家にケンタッキーと、パッと見日本かと思わせてくれる街並みです^_^

この通りに面した場所にホテルがあるのですが駅から徒歩3分な上キレイだし2泊で1人8000円な上に朝食バイキングも美味しいと

コレはリピ確実ですね( ̄▽ ̄)

ホテルにチェックインしたらまずは高雄最大の夜市と言われる六合夜市へ、ホテルから徒歩10分くらいの場所にありました^_^

どうやらこの六合夜市は最近観光客メインになっており地元の人はあまり来ないということでしたが、それでも中々の賑わいを見せてもらえました!

高雄は港町だからか海鮮グルメが豊富です。謎の魚のぶつ切りがこんな感じで展示されておりました笑

パッシュソフルーツとかレモソとかストーソとかこういう間違いに目が行くのは性格がひねくれているからでしょうか笑

結局パパイヤミルクを注文しましたがパパイヤの香りが濃厚でコレまた美味い😋

他には牡蠣のオムレツやから揚げなどをつまみながら夜の高雄をブラブラと

六合夜市から徒歩圏内にある地下鉄レッドラインの「美麗島(メイダーリン)駅」は世界で2番目に美しい地下鉄の駅として有名みたいです。

また美麗島駅と同じレッドラインにある「中央公園駅」も世界で5番目に美しい地下鉄の駅にランクインされているみたいですね( ̄▽ ̄)

夜市をブラブラした後は台湾名物「火鍋」を食べに

あまりの美味しさに夜中だということも忘れ食べすぎました( ;´Д`)

下の写真左に映るのは豚の血を固めたものですが臭みがゼロのレバーという感じで想像以上に美味でした笑

翌日は朝一で高雄のシンボルとも言える台湾有数のパワースポット「龍虎塔」へ

地下鉄のレッドライン上にある「生態園區駅」から徒歩で「蓮池」という池まで移動。龍虎塔の前に偶然高雄熊というく◯モンそっくりな御当地キャラに遭遇しました笑

やっと見れたぜ龍虎塔!

この龍虎塔は龍から入って虎から出るしきたりがありました。

どうやら台湾では龍が干支では一番善良、虎が一番凶暴みたく龍から入り虎から出る事で自分のやらかした悪い事や災いが清められるみたいです。

龍の身体の中はこんな感じ

塔の中身はこんな感じです

塔の頂上から市街を一望。

僕が知ってたのは龍虎塔だけでしたが横には龍だけの塔や誰か偉い人を祀った場所もありました。

ちなみにこの龍虎塔、駅から徒歩は遠くレンタル自転車を使った方が早く行けます。(カードの問題か何故かレンタル出来なかったので今回はしぶしぶ歩いての移動となりました( ;´Д`))

龍虎塔をみた後ははたまた徒歩と地下鉄を乗り継ぎながらオレンジラインの左端の「西子灣駅」にある駁二芸術特区「ばくにげいじゅつとっく」へと

西子灣駅を降りたらちびまる子ちゃん達がめちゃくちゃ盛大に出迎えてくれました^_^

購買のカナヘイの小動物達が可愛い過ぎます( ;´Д`)

駅を出たら日本でも有名なタピオカミルクティーのお店Gong chaがありました!

日本ではめちゃくちゃ並ぶ上に値段も高いですが今回は運良くすんなり入れた上に値段も日本の半分以下で済みました^_^

しかも美味い😋

駅からしばらく歩くと芸術特区らしき建物がチラホラと、

どうやらこの芸術特区、旧倉庫街をリノベーションして出来た街並みみたいです。

見る人が見たら芸術なのかもしれません笑

偶然にもムーミンの展示会もやってました。

後からわかったんですが今回みた場所は芸術特区の一部で実はまだまだ広がっていたみたいです((((;゚Д゚)))))))

とまぁ広すぎる芸術特区からブラブラ20分ほど歩いて高雄観光の筆頭格「旗津半島(チージンバンダオ)」へ

旗津半島へはフェリーを使って10分ほどで行けましたが兎にも角にも凄い人でした!

この人でごった返した賑わいとパワー感、昨日訪れた六合夜市より遥かに賑わっておりました。やっと海外に来たという感じです^_^

どうやら魚のすり身を練って揚げた食べ物みたいですが人が並んでいたので試しに買ってみることに

魚の臭みが全くない上にモチモチした食感とほのかに香るスパイスと塩味が見事にマッチしてくれてます!

何だこの果物は?と思ったらどうやらトマトみたいです笑

表面が青いままのトマトを食べるのははじめでしたが( ;´Д`)

写真右上のショウガを効かせた甘辛いドレッシングが青いトマトに見事にマッチしています!

トマトの臭みも消されている上に食感もキレが良く日本で食べる生トマトより随分美味しく頂けました^_^

旅行好きでトマト嫌いな友人がいるのですが是非とも食べさせたくなりました( ̄▽ ̄)

そのままメイン通りを歩いて海の幸を堪能しようと市場を歩いていたら何とカエルが首を切られた状態で売られているじゃあありませんか((((;゚Д゚)))))))

勇氣を振り絞って店の人に何度も「本当に食べるの?」と言われながらゴリ押しして料理してもらう事に笑

見た目はアレかもしれませんが味は上品な鶏肉、皮もモチモチしてめちゃくちゃ美味しく頂けました^_^

海の幸も普通にめちゃくちゃ美味でした。

ココナッツジュースも今まで飲んだ奴よりはるかに濃厚で美味い😋

しかも僕らの分で売り切れだったみたいで運も味方にツイてくれました。

お土産を買いに市場の中へ、週末の旗津はメイン通りも市場もずっと賑わいを見せていました。

しかしながら真冬の時期ですが高雄は暑い!

半袖の人もチラホラいたし、この時期でもカキ氷が美味しく感じられました笑

旗津半島から再び高雄へ戻る時、この時はたまたま天氣が悪いのかと思ってましたが後ほど身をもって見晴らしの悪さの原因を知る事に笑

台湾が日本の統治下にあった事は歴史の授業で習いましたが、高雄はイギリスの統治下にあった時期があったみたいです。

イギリス統治時代の領事館は現在当時の名残りを残しながら観光スポットになっていました。

攻め込まれない為になのか、領事館のメイン施設は高台の頂上にありました。

領事館から見た高雄市内、コレで見晴らしさえ良ければ( ;´Д`)というのトコでしょうか笑

領事館を後にそのまま西子灣駅まで歩いていると

何とも有り難すぎることに地元の人しか使わなさそうな夜市を偶然見つける事ができました。

一度ローカルな夜市を見てみたいという願いが偶然にも叶いました^_^

規模は確かに小さいですが屋台の活氣や内容から地元の方々の生活を感じられてた様に思えます。

とかでいいながら目的地は「高雄の夜市ならココへ行け!」言われている瑞芳夜市へ笑

瑞豊夜市は地下鉄レッドラインにある巨蛋駅を降りて向かいます。

どうやらこの瑞豊夜市、街の一角を夜市として解放してるみたいですが、

台湾で訪れた夜市の中ではダントツで賑やかな上に活氣に溢れておりました((((;゚Д゚)))))))

しかしタコ焼きデカ過ぎやろ笑

台湾の小籠包は蒸しが多いけど今回は敢えて焼き小籠包を

食べ物も雑貨もとにかく安い‼️

昔日本の屋台でよく見かけた手動パチンコ

それでも半分も見れなかったかな、

この辺でどうやら体力の限界が近づいてきました( ;´Д`)

というわけで今回も台湾のマッサージ店へ!

後からわかったんですがこの日だけで約20キロほど歩いていたみたいです。

この時は精魂を使い果たし完全にマッサージの感想も写真も撮り忘れました笑

帰りの高雄空港内にて、この日は朝ごはんも食べられないくらい疲れていましたが、上の照明が色々な色に変わりとても幻想的でした^_^

という感じで今回の高雄旅行は終了‼️

実は旅行後一週間ほど咳が止まらず体調を崩してしまいました。その時は寝不足と食べすぎの中慣れない土地を20キロ歩いたからかと思ってましたが

高雄は工業地帯が隣接しており大気汚染が深刻な問題になっているとのことでした。

観光中、やけに見晴らしが悪いし街にマスクをしてる人が結構いたのですがそういうことだったのかと( ;´Д`)

また台北は結構日本語も通じましたが高雄はあまり日本語も英語も通じにくいので海外旅行初心者の方には不向きかもしれません。

とはいえ高雄の海鮮グルメはめちゃくちゃ安くて(この時点で1台湾ドル=3.5円くらい)美味しいし駅や街のアート感や旗津や瑞豊夜市の活氣は一見の価値ありだと個人的には思いました^_^

言葉の壁はありますが渡航費や宿泊費を上手く抑えたら下手な国内旅行よりもよっぽど旅費を安くできるのも台湾旅行の醍醐味の一つかもしれません( ̄▽ ̄)

今回はスケジュールの関係で行けなかったグルメや観光地もたくさんあるのでそれは次回のお楽しみにとっておこうと思います。

それでは今日はこの辺で、最後まで読んで頂きありがとうございました。